とはいえすぐに挽回できるのがカレー

December 28, 2016

素晴らしく晴れた。

ウィーンはどこが好きなのかと考えていたけど、

ようやくその訳がわかった気がする。

(その理由はまた今度)

 

夕暮れ時のマリアヒルファイファー通りを抜け、

記憶を頼りに、日本食材の売ってるお店へ。

よくは覚えてないけど、

ゼツェッシオンの近くだったはず。

 

恐ろしい美しさだ。

なんとも見ているけど、

釘付けになる。

 

保守的な美術家組合に反旗を翻したウィーン分離派の総本山。頭領はクリムト。

その佇まいには、新しいものを作るぞという気概と怒りを、(勝手に)感じる。

 

 

久しぶりの日本食材屋さんの名前は、

日本屋。

日本に住んでいたらなんでそんなベタな名前を、

と思うけれども外国で商売をすることの大変さとこれまた気概を(勝手に)感じた。

何年も前にオーナーの方にひょんな事でお会いして、

その後失礼してしまっていた。

 

 

なんと45年続いているそうで、言葉を失う。

カレー粉は3つで19ユーロ。2600円くらい。

日本なら700円?800円?だけど、

仕入れの苦労を考えると何も言えない。

話は全く変わるが、

自我は何度も芽生える。

多ければ多いほどいい。

こちらに来てから、言葉にできないことだらけ。

そういう時は夢をよく見る。

 

 

さて、肝心のカレーだが、昨日の味が嘘のように、

カレー粉のおかげで美味しくなった!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

 Konrad yuki hutter: 

 Subscribe posts: 

 UPCOMING EVENTS: 2020 

■2020年5月からハーモニー体操のトレーニングコースが始まります! 東京・大阪にて(年齢経験不問)

詳しくは→ ハーモニー体操HP

 RECENT POSTS: 

September 14, 2018

September 5, 2018

January 4, 2018

Please reload

 SEARCH BY TAGS: 
Please reload

 LINK

© 2016 by Konrad Yuki Hutter

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon